東京手話通訳等派遣センターの手話通訳者派遣

厚生労働大臣認定を持った経験豊富な手話通訳者が多数登録。耳の聞こえない方々との円滑なコミュニケーションを実現します。

わたしたちが選ばれる3つの理由

厚生労働大臣認定の資格者

手話通訳者はすべて
厚生労働大臣認定の資格者
優秀な手話通訳者が揃っています。

都内最大級

登録手話通訳者は144人。
都内最大級の登録者数だから
迅速に手配できます。

実績や経験が豊富

歴史ある社会福祉法人が運営。
実績や経験が豊富だから
様々なニーズにお応えできます。

さまざまなご利用シーンに対応できます

企業・官公庁・各種団体のお客様

社内研修

社内研修

研修時の講義・グループディスカッション・演習時に

社内会議

社内会議

全体会議・部署内会議・グループミーティングなど、様々な会議場面に

就職・雇用支援

就職・雇用支援

新入社員ガイダンス・人事考課面談の場面で

講演・セミナー

講演・セミナー

講演会・セミナーなど、会場の規模に関わらず対応できます

各種イベント

各種イベント

イベント会場での受付待機、企業ブース内での商品・サービス説明に

映像・放送

映像・放送

映像作品・資料映像・情報番組などへ手話通訳を挿入します

個人のお客様(聴覚障害をお持ちの方)

健康・医療

健康・医療

病院受診、健康診断、薬局への同行、健康管理指導など

法律的な支援

法律的な支援

法律相談、民事調停・裁判など

福祉の手続き

福祉の手続き

福祉サービス利用の手続き、介護保険、年金、手当に関することなど

就職・労働

就職・労働

就職活動(セミナー参加・面接)、ハローワーク利用の手続きなど

住まいの充実

住まいの充実

賃貸借契約、売買契約、リフォームの相談、物件の下見など

子どもの教育

子どもの教育

保護者会・個人面談・授業参観など

多くの企業・団体様にてご利用いただいています

  • 株式会社イフ様
  • カシオ計算機株式会社様
  • 大日本印刷株式会社様
  • 株式会社TBSサービス様
  • 帝京大学様
  • 東京都社会福祉協議会様
  • 内閣府 障害者施策担当様
  • 株式会社富士通エフサス様

満足できた、とのお声を沢山いただいています

資格取得の試験に1回で合格

個人
T.H様(30代男性)

資格取得のための予備校に通うため、手話通訳の派遣をお願いしました。授業の内容がよく理解できて、おかげさまで試験に1回で合格できました。

イベントなどの大量派遣も迅速

株式会社イフ株式会社イフ様

面談会内における企業人事と求職者との個別面談、就職イベント時の通訳のために利用しております。時期による開催規模にもよりますが、1開催につき、手話通訳7~10名、要約筆記4~6名、PC要約筆記2~3名の派遣を利用しています。

総会、講演会でいつも利用

東京都社会福祉協議会東京都社会福祉協議会様

東京都社会福祉協議会に加入する都内の社会福祉法人・身体障害者施設などの代表者が参加する総会や講演会(通常2時間程度、参加者50名~250名)の場等で利用しています。

ご利用はとても簡単です

2週間前

お電話・FAX・フォームでお問合せ

お電話03-3352-3335、FAX03-3354-6868
もしくはお問い合わせフォームまでご連絡ください。派遣依頼が重なり、派遣できない場合もありますので、日時が決まり次第、お早目にご連絡ください。

担当者からのご説明

ご希望の日時、場所、具体的なご依頼内容などをお伝えください。

1週間前

派遣の決定

費用等の条件がすべてクリアになりましたら、派遣の手配を行います。
契約書等の書式が必要な場合は、ご相談ください。

必要な資料や情報のご提供

守秘義務に基づき、情報は厳重に取り扱わせていただきます。守秘義務契約書等の書式が必要な場合は、ご相談ください。

15分~1時間前

直前打ち合わせ

必要であれば打ち合わせを行います。(15分以上の場合費用がかかります)

該当時間

派遣

ご指定の日時に手話通訳を開始いたします。

1週間後

ご請求

対応が完了しましたら、費用をご請求させていただきます。

ご依頼に際しての6つのお願い

手話通訳者の職業病といわれる「頚肩腕(けいけんわん)障害」の発症も間題になっている昨今、
より良い手話通訳環境を整備するために、皆様のご協カをお願いします。

手話通訳は一人20分以内で

連続した手話通訳において、20分を経過すると疲労が高まり、伝達度が低下します。もし20分以上かかる場合には、2名以上の手話通訳者による交代制をお願いする場合があります。

OA機器研修の場合は複数人配置で

複数の聴覚障害者がOA機器等の実技研修を受ける場合、人数や会場の大きさにより、聴覚障害者一人に手話通訳者一人を配置するなど、派遣人数の変更をお願いする場合があります。

グループワークでは複数人配置で

グループ形式でのグループディスカッションが必要となる研修では、それぞれのグループに手話通訳者が参加できるよう、2名以上の手話通訳者の配置をお願いする場合があります。

資料の事前準備を

専門的な内容の研修の場合、使用される専門用語、略語、社内用語等について、手話通訳者は事前準備を行うことになります。よりよい手話通訳を提供するために、研修や会議等でご使用になる資料のご提供をお願いいたします。

できるだけ明るい場所で

手話は視覚言語ですので、会場の照明・採光には十分にご留意ください。暗い場所、逆光等は、口型・手話が見えにくい状況となります。特に映画の上映や、パワーポイント、スライド、OHP等の視聴覚機器併用の講義に際しては、十分なご配慮をお願いします。

聞き取りやすい音響で

広い会場で壇上に手話通訳者が立つ場合、手話通訳者より前方にスピーカーがあると、手話通訳者には聞きづらくなる場合があります。その場合、できれば手話通訳者の足もとに小さなモニタースピーカーを準備していただくようお願いします。

お申し込み・お問い合わせ・ご相談はこちらまで

こちらもご覧ください

費用

基本的な価格基準をご覧いただけるとともに、自動でお見積を作成することができます。

手話通訳者について

私たちが派遣する手話通訳者が持っている資格、登録基準についてご覧いただけます。

ご利用事例

私たちのサービスを使われた企業様、団体様における具体的な事例をご覧いただけます。

トップに戻る